龍が如く見参!攻略] 龍が如く2 ゆっくり攻略 > 発売前情報:ストーリー[事件から一年 / 寺田の死]

〓発売前情報〓 ストーリー[事件から一年 / 寺田の死]

太字はテロップ。『』は台詞で前に書いてあるのが話している人物。

神室町の風景

 あの事件から一年…
 神室町に、また…
 不穏な空気が漂い始めた…

ナイフやメリケンを持った男達と闘うユウヤ

 ユウヤ『物騒になってきやがった…桐生さんがいてくれりゃあ…』

室内の遥と桐生。壁には桐生を描いたらしき絵も飾られている。

 神室町を離れ、遥と静かに暮らす桐生 しかし…
 2006年12月15日

風間の命日に澤村由美の墓参りに来ている遥と桐生。そこに前作で東城会五代目となった寺田が現れる。

 寺田『お久しぶりです』

 寺田との再会

 寺田『実は近江連合の郷田会長と盃を交わそうと思っています』
 桐生『盃?』

 東城会が存亡の危機にある事を、五代目の寺田から聞かされる桐生
 だが、この時すでに新たな事件が始まろうとしていた

銃声が響き、鳥が飛び立つ。腕を撃たれた寺田とヒットマンらしき男達。胸には近江連合のバッジが…

 桐生『関西の送り込んで来た、鉄砲玉か』

撃ち合う場面、寺田が更に被弾する。倒れた寺田は血まみれの書状を桐生に託す。

 関西の組織、近江連合の刺客に突如襲われた桐生と寺田…
 寺田は凶弾から桐生を守り、一通の書状を渡すと… この世を去っていった…
 

 寺田の遺した書状… それは…

姐さんが東城会幹部衆の前で書状を読み上げている。

 姐さん『私、東城会五代目寺田行雄は、近江連合五代目郷田会長と兄弟の契りを交わし、
     これをもって永きにわたる抗争の集結を強く望むものであります』

 日本最大の組織、近江連合と“五分の盃”を交わす事だった

 姐さん『関西へ行くつもりだね』
 桐生『五代目との約束です。姐さん、この一件、自分に任せて貰えませんか』

幹部衆が揉めているような場面

 桐生は近江連合との抗争を避け、東城会を救うため…
 命懸けの交渉に臨む決意をする
 

 桐生、関西へ…

 →[関西の龍 / ヤクザ狩りの女刑事

Webデザイン制作
SEO:検索エンジン最適化
ホームページ作成講座
日刊運勢メールマガジン
Playstation2ゲーム攻略